ぜま✅クラゲ丼鯖缶 is a user on kurage.cc. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

ぜま✅クラゲ丼鯖缶 @yi0713@kurage.cc

米国で発光生物の切手が発売。買おうと思ってサイトにアクセスしたら送り先が米国国内でないとダメだと怒られました…
store.usps.com/store/product/b
この画像の切手はなんかイメージ違うけどムラサキカムリクラゲらしい。イメージ違うのは透明なドーム状の傘が描かれていないためか。
mypalmbeachpost.com/weather/ne kurage.cc/media/58sQqcMTh1FN0H

パラオのジェリーフィッシュレイクにおけるタコクラゲの集団動態を水中モニタリングロボットによる音響調査で解析した論文。傘径1cm以上のクラゲの数を200万匹と推計、太陽光や水の特性がクラゲの移動に与える関連がわかったという。
Jellyfish distribution and abundance in relation to the physical habitat of Jellyfish Lake, Palau
cambridge.org/core/journals/jo

モントレー水族館研究所 (MBARI) :twi: 今週 JellyWeek でクラゲの写真がいろいろ上げられています。クロカムリクラゲ、美しい画像です kurage.cc/media/FM00LeGvlSAzUw

志摩マリンランド :twi: サルシアクラゲ展示開始だそうです!(花クラゲ目 タマウミヒドラ科) 動画が上がってるけどちょっと見づらいですねー
twitter.com/shimamarineland/st kurage.cc/media/ykWKTJ0XpMmg_S

【おしらせ】
今朝のマストドンのアップデートでランディングページ ( kurage.cc/about/ ) のデザインが大幅に変わりました! kurage.cc/media/3WEfOQ60s13e8W

おはようございますとどん
5.5℃ ☀

Transoceanic Dispersal of Marine Life from Japan to North America and the Hawaiian Islands as a Result of the Japanese Earthquake and Tsunami of 2011
(2011年の日本の地震と津波の結果としての日本から北米およびハワイ諸島への海洋生物の大洋横断的分散)
aquaticinvasions.net/2018/issu
論文集。クラゲ的には5本目の論文が重要(北米とハワイに漂着したがれきに付着していたヒドロポリプの詳細な報告、1新科の記載を含む)=Plumaleciidae Choong and Calder, 2018 

ソンクラーにクラゲ襲来「パニックになる必要はない」 ‘No need for panic’ over Songkhla jellyfish attacks nationmultimedia.com/detail/br タイ南部のソンクラーで今週カツオノエボシに20人以上が刺されたが海洋沿岸資源局長官はクラゲ警報を出す必要はないと述べた。
写真に写っているうちカツオノエボシは1匹だけでほかはギンカクラゲですね。 kurage.cc/media/jAizk7q3RBMI3y

LED漁業でクラゲ海岸 एलईडी मासेमारीमुळे जेलीफिश किनाऱ्यावर loksatta.com/navimumbai-news/l インドの記事。漁船が強烈なLED照明で違法操業をするからクラゲが集まってしまうと書いてあるようだけど箱クラゲの話だろうか。死んだクラゲの写真が冠クラゲっぽくて気になる。 kurage.cc/media/ZkJUXyLH3l3kNY

サクサクでカリカリのクラゲチップは未来のスナックか? Are crispy, crunchy jellyfish chips the snack of the future? nationalpost.com/life/food/are
ミズクラゲをポテトチップのようなスナックに加工する話は昨年5月頃から繰り返し報道されていて、実物がなかなか市販されない。味(めちゃ塩辛いのでは)コスト(そうとう高価になるのでは)など興味深いのだけど kurage.cc/media/vt_M8Z6nJu8zq6

地球上に、生き物といえばクラゲくらいしかいなかったころのこと、広い海に、ひとりぽっちで浮かんでいたクラゲは、ある晩、「やあ、月かと思いました。でも、月よりももっとすてきです」と声を掛けられてびっくりします。声の主は、星でした。それも、広い空をとてつもなく長い周期で回っている彗星なのでした。

 クラゲと星は、互いの知らないことをたくさんしゃべっているうちに、とても気が合うことがわかりました。夜が明け始めたとき、クラゲは「今夜、また会えますか?」とたずねます。すると星は、「今夜はここを通りません。何百年かたてば通るかもしれません」と答えるのでした。クラゲは、不意を突かれて、何か大事なことを言わなければならないと思いながら、とうとう何も言えないまま夜が明けて、星は見えなくなってしまいました。

 その日の夜、次の日の夜、クラゲは星を待ち続けます。何百年がどれくらいの長さか、クラゲには想像もつかないのでした。星との再会を待つうちに、クラゲはすっかり年を取ってしまいます。それで、子どものクラゲに伝言を託して、ひっそりと死んでいきます。長い時間がたつうちに、地球の生き物は進化して、クラゲと別のかたちの仲間も現れ、地上で生きる物も誕生しました。でも、姿は違っても、クラゲの伝言はすべての生き物に受け継がれました …

安東みきえ/星につたえて
mainichi.jp/articles/20180221/
amazon.co.jp/dp/4752008114 kurage.cc/media/fjxrxNANMi8SN7

【すみだ水族館】「日立化成×すみだ水族館 水のいきものふしぎはっけん! 2018春」ワークショップを開催 prtimes.jp/main/html/rd/p/0000
●クラゲ研究員 3/17(土)18(日)24(土)25(日)各11:00~12:00 小学校3~6年生 各回最大6名 すみだ水族館サイトから事前申込必要 (応募〆切3/4) 応募者多数の場合は抽選
●ふしぎはっけん!クラゲ検定 3/17~28 事前申込不要
sumida-aquarium.com/
kurage.cc/media/B8dsx225e2P8ph

モントレー水族館 :twi: ツノクラゲ属の Leucothea pulchra(クシクラゲ類)の繁殖に初めて成功したとのことです。これはすごいかも。 kurage.cc/media/716eAFe04ply4i

おはようございますとどん
6.0℃ ☁

イチメガサクラゲの泳いでいるところ。とてもすばしこい
kurage.cc/media/eNAyzEVjvCIM8G

さっき採ってきた中にいた7mmくらいの小さなクラゲ。イチメガサクラゲ Rhopalonema velatum っぽい。初めてかも。触手3本くらいしか残ってなくてあまり状態よくない。この写真では縁膜が畳まれていて見えないけど泳ぐと筒状に広がる。(ヒドロ虫綱 硬クラゲ目 イチメガサクラゲ科)
kurage.cc/media/Vd5thMFCX2e-ln