2019/07/17 国際ヒドロ虫学会ワークショップに行ってきました えのすいトリーター日誌 enosui.com/diaryentry.php?eid=
先月の下田の国際学会に参加された山本トリーターのレポート。私も短時間ですがお話できました。またよろしくお願いします

アクアワールド茨城県大洗水族館 :insta: ミズクラゲぽよぽよ instagram.com/p/Bz-EPk9nl6H/ (リンク先に動画あり)

えのすい新着生物 毒蛇ハブに勝る猛毒をもつといわれる「ハブクラゲ」展示開始! enosui.com/animalsentry.php?ei

このクラゲは1匹の魚を丸ごと閉じ込めて海岸に打ち上げられた This jellyfish washed ashore with a whole fish perfectly preserved inside dailypost.co.uk/news/north-wal
英国ウェールズでアカクラゲに似たコンパスジェリー Chrysaora hysoscella が体内に魚1匹が入った状態で見つかった。このクラゲが自分の胃より大きい魚を丸呑みするとは考えにくいので、魚のほうが間違ってクラゲの中に飛び込んでしまったのでしょうか。

一昨日「せいぜい30cm」と書いてから「ひょっとして50cm以上?」と思ったけど30cm以下ですね
twitter.com/RebeccaRHelm/statu
米国の研究者レベッカ・ヘルムさんの :twi: も遠近法を悪用したフェイクニュースの問題を指摘している

おはようございます 23.1℃ 🌥️ 大潮(5時満潮→13時干潮→19時満潮→1時干潮)

鳥羽水族館 飼育日記 テンプライソギンチャクの分裂個体が出現 diary.aquarium.co.jp/archives/
テンプライソギンチャクはカイメンに寄生する珍しいイソギンチャクですが、蠕虫状の分裂個体を出芽して無性生殖するそうです。マミズクラゲなどのフラスチュールと呼ばれる幼生に似てます。画像のオレンジ色の寄生虫みたいなやつ。

原記載がおかしければ仕方ないかもですが、原記載が正しいのにその後におかしくなったというのが謎ですね…

ぜま​:kurage_blue:​クラゲ丼鯖缶 さんがブースト

確か女性名詞と男性名詞は属名と種小名で揃えなくてはならないんでしたっけ
なんで揃わないままずっと来てるのか本当に謎ですね…

ビゼンクラゲの学名はWoRMSでは Rhopilema esculentum となっていて文法的に間違っています (属名が女性名詞なのに種小名が男性形になっている)。なぜこの形になってしまったのかよくわかりません。岸上鎌吉博士の原記載を見るとちゃんと Rhopilema esculenta と正しい形になっています。ドイツ語なので読みづらいですが色が青色 (Indigo-blau) であることが書かれており、ビゼンクラゲとして記載されたのは赤ではなくスナイロであることがわかります。

ビゼンクラゲ(赤)とビゼンクラゲ(スナイロ)は別種の可能性が高いのですが決着がついていないためこのような表記をしています。もし別種だった場合は(スナイロ)のほうが和名「ビゼンクラゲ」になり、(赤)のほうは新種で別の名前になると思います

大阪・海遊館 :twi: ビゼンクラゲ(赤)展示開始 twitter.com/Osaka_Kaiyukan/sta
きたーー!!九州のビゼンクラゲ(赤)が登場!これは見たい

“リュウグウノツカイ”相次いで・・・ TBS NEWS news.tbs.co.jp/newseye/tbs_new
鳥取、島根で珍しい深海魚リュウグウノツカイが相次いで目撃されています。キラキラと銀色に輝く長い魚。水深200メートルから1000メートルに生息する深海魚リュウグウノツカイです。15日午前9時ごろ、島根県浜田市の海岸で近所の人が発見しました。警察が体長を測ったところ、およそ3メートルあったということです

この資格でナンボ稼げる?(26)未知なる美味に出会える!?「深海生物検定」 asagei.biz/excerpt/5208
いや深海生物検定に受かっただけじゃ稼げないなー…仕事をするための資格じゃないし

【論文】アマガサクラゲのミトコンドリアゲノム完全配列 Complete mitochondrial genome sequence of Parumbrosa polylobata tandfonline.com/doi/full/10.10

【論文】根口クラゲ Catostylus perezi のインド海岸からの初記録 First Record of Rhizostome Jellyfish Catostylus perezi Ranson 1945 (Cnidaria: Scyphozoa) from the Indian Coast link.springer.com/article/10.1
アラビア半島からパキスタンにかけて見つかっているクラゲで、インドで見つかったのは初めてとのこと。

『情熱大陸』クラゲ水族館館長に密着 同じ道を志す娘に注目集まる this.kiji.is/52326575526653244
奥泉館長の娘さんは青森の浅虫水族館でクラゲ担当をされています。さすがです。 facebook.com/permalink.php?sto

もっと見る
クラゲ丼 (kurage.cc)

クラゲをテーマにしたSNS (Mastodonインスタンス) です。クラゲ情報発信中。最近はクラゲ以外の深海生物ネタも増えています。(管理人:飯島 康 (ぜま) )