【マクセル アクアパーク品川】花びら舞う、桜の海でお花見を。SAKURA AQUARIUM Directed BY NAKED
prtimes.jp/main/html/rd/p/0000
アクアパーク品川の春の展示。3/2(土)~4/21(日)。クラゲのところは今回はピンクとブルーを基調に夜桜を表現、だそうです。

巨大深海魚リュウグウノツカイ 人工ふ化に世界初成功 沖縄 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/20190
幻想的な姿で知られる巨大な深海魚「リュウグウノツカイ」について沖縄県にある研究機関が人工授精と人工ふ化に成功したと明らかにしました。専門家によりますと、世界で初めてのケースだということで、謎に包まれた生態の解明につながると期待されています。
沖縄美ら島財団総合研究センターによりますと、先月28日、沖縄県読谷村の沖合で全長およそ3メートルのリュウグウノツカイ2匹が定置網にかかっているのが見つかりました。
2匹はオスとメスで水族館に運ぶ間に死にましたが、研究のため、それぞれの体内から取り出した精子と卵子で人工授精を行ったところ受精に成功し、およそ20匹の赤ちゃんが生まれたということです。
魚の分類に詳しい神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能宏学芸員によりますと、リュウグウノツカイの人工授精と人工ふ化に成功したのは世界で初めてのケースだということです。
リュウグウノツカイの赤ちゃんは全長およそ7ミリに成長し、成魚に似た長く伸びる背びれが確認されました。
初めての飼育で、使う水や水槽の形などに気を使いながら赤ちゃんの成長を見守っていましたが、餌を食べずに衰弱する様子が見られるようになり、19日までにすべて死んだということです。
今後、飼育で得られた情報や標本をもとに、謎に包まれた生態の解明を進めることにしています。
沖縄美ら島財団総合研究センターの岡慎一郎主任研究員は「だめもとで始めたが、ふ化まで運よくこぎ着けることができた。小さな一歩だと思うが、深海の未知の生き物の生態を明らかにするきっかけになればと思う」と話しています。

山と渓谷社 :twi: twitter.com/Yamakei_ikimono/st
書籍『ときめくクラゲ図鑑』の著者でもある峯水亮さんが、2/20(水)TBS "クレイジージャーニー" 23:56〜24:55に出演します(地域によって放送時間が異なります)。峯水さんが映し出すプランクトンの世界は、物語があって素敵です。ぜひご覧ください。

九十九島パールシーリゾート海きらら :twi: ツノクラゲ展示開始 twitter.com/kujukushima/status 非常にもろくて採集が難しいクシクラゲです

NHKニュースウォッチ9 :twi: twitter.com/nhk_nw9/status/109
深海魚「リュウグウノツカイ」。竜宮城からの使者というミステリアスな名前の通り、その生態は謎に包まれています。今回、沖縄で「リュウグウノツカイ」の人工授精と人工ふ化に成功。世界初の快挙だということです。

加茂水族館 :fb: クラゲ特別学習会を開催します!
m.facebook.com/JFAQUARIUM/phot
普段は10人以上からでないと申し込めないクラゲ学習会ですが、特別に先着40名の方にクラゲ学習会を開催します!
3月23日(土)13:00~14:30 申込先着順
今回の内容は、「クラゲ学習会とプラバンキーホルダー作り」です。
kamo-kurage.jp/topics/post-kur

リュウグウノツカイ 少し変わった姿で… | チューリップテレビニュース tulip-tv.co.jp/news/detail/ind
富山湾で相次いで発見されている幻の深海魚『リュウグウノツカイ』が『干物』になって戻ってきました。新湊きっときと市場で干物の『リュウグウノツカイ』が展示されるのは初めてで、17日は家族連れや観光客などがめずらしいその姿を写真におさめていました。期限を定めず展示を続けていくということです。

海底ハウス、水深18メートルで発見 生活実験で使用:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASM2G4KGKM2
静岡県沼津市の内浦湾に1970年代にあった海底ハウスの上部構造が、湾内の水深18メートルの海底で見つかった。基礎部分から切り外され、魚礁として再利用されたとの情報はあったが、所在が分からなくなっていた。今では多くの魚がすみついていた。

海の中を美しくたゆたう魚の群れ…実はその中にある巨大生物が潜んでいた!? | ニコニコニュース news.nicovideo.jp/watch/nw4844
m.youtube.com/watch?v=vqgPX8NO
ライオンタテガミクラゲ(キタユウレイクラゲまたは近縁種)に群がるおびただしい魚の群れ。タイ・タイランド湾のタオ島で撮影されたという動画。なかなか壮観。

生物研究社「海洋と生物」240号(2月号)特集『わが国の刺胞動物研究の発展(2)』
クラゲ特集の2回目。2月下旬発売
twitter.com/aquabiology/status
aquabiology.blog93.fc2.com/blo

全長159センチ深海魚サケガシラ漂着 大山町の海岸 | 日本海新聞 Net Nihonkai nnn.co.jp/news/190216/20190216
鳥取県大山町末吉の海岸で15日、タチウオのような形状の深海魚サケガシラ(フリソデウオ科)とみられる魚が打ち上げられているのを散歩中の大工、佐々木英美さん(65)=同町国信=が見つけた。佐々木さんは「珍しい魚だ。刺し身にして食べられるかも」と思い持ち帰ったが、水分が多く食用には向かないため「刻んで煮てネコの餌にしたい」と話している。

虚構新聞みたいな記事だな

今日は朝から1級小型船舶操縦士の試験を受けてました。もともと旧4級は持ってましたが、船なんか乗らないからいつの間にか失効していて。復活させるついでに1級にステップアップして、機会があればクラゲ採りに活かしたいというもくろみ。海図の作図問題が出るから三角定規・コンパス持参。

2019/02/15 今週のおすすめ えのすいトリーター日誌 enosui.com/diaryentry.php?eid=
深海トロール漁の「小さい」深海生物たち
アカツノチュウコシオリエビ🦐
ヤマトトックリウミグモ🕷️
オーストンガニ🦀

もっと見る
クラゲ丼 (kurage.cc)

クラゲをテーマにしたSNS (Mastodon サーバー) です。クラゲ情報発信中。投稿歓迎